利用価値の高い素材

食器

素材の有効活用

プラスチックはどんな製造業においても利用されています。それだけ利用価値が高い素材ですが、こうしたプラスチックが人気なワケの一つが可能のしやすさです。加工しやすいということはそれだけ多様な用途に利用できるということでもあります。加えて、プラスチックは加工するのに費用も掛かりにくいところも利点です。そんなプラスチックは具体的にどのように加工されるのでしょうか。プラスチックの加工方法は実にいろいろなものがありますが、加熱加工はよく利用されるものの一つ。プラスチックは熱に弱く熱を与えることで簡単に形状を変えることが可能です。この加熱加工による方法はコストもかかりにくいだけでなく、設備投資にかける費用も少ないのも利点。ほかに圧縮加工方法もあります。この加工方法を利用すればプラスチックにほとんどダメージを与えることなく加工できます。圧縮加工は大量にプラスチックを成形したい場合にもおすすめできます。また、手作業で成形することもできます。これによってかなり複雑な成形も可能になりますし、手作業ならではの独自な味があるのも利点です。とはいえ、手作業はかなりコストもかかりますし、効率も決して高いというわけではないことも知っておきましょう。このようにいろいろな方法がありますが、実際にどれを利用したらよいかは悩むもの。成形などについては専門の会社に依頼してみるのもおすすめです。こうすることで設備投資などにかけるコストもゼロになります。

アクリル板

プラスチックの女王

アクリル板は、プラスチックの女王とも言われる存在です。優れた透明性と加工度の高さで、様々な物に使われています。アクリル板は加工しやすいため、多くの加工所が存在します。より良い加工を実現するには、扱い品が豊富な店を選ぶことです。

詳しく見る

ボルト

加工のための技術

ホーニング加工は製品の内部を加工するのに使用されている技術です。ホーニング加工は専用の機械を使用して行われ、柱状の部分を製品の内部に入れることで、製品の研磨をします。柱にはホーンとよばれる突起がついていてこの部分が研磨で重要な役割を果たします。

詳しく見る

暖房器具

開発の際に必要なもの

電気ヒーターを開発する際に重要になってくるのが電熱線です。電熱線の質によって大きく電気ヒーターの効率性も変わってきます。他にも、本体の素材をどのようなものにするのかといったこともじっくりと検討しておいてください。

詳しく見る

アルミ

鋳物を使う

鋳物はさまざまな形のものを一体的に作ることができるものです。アルミ鋳物は使用する金属にアルミ合金を使用したもので軽量かつ強度が高く加工性が良く表面処理することで腐食性にも強いといったメリットがあり、さまざまな場所で使われています。

詳しく見る

プラスチック素材

基本の特性

プラスチックの加工には様々な方法と種類があります。それぞれに特徴は仕上がりが違います。製品になるまでの過程においてどの方法を使用する事で目的の形状になるかなど把握し、それぞれに合った方法を選ぶ事が重要です。

詳しく見る

Copyright© 2018 プラスチックを加工して有効活用しよう【加工方法は実にいろいろ】 All Rights Reserved.