基本の特性

プラスチック素材

材料選定時の注意点

プラスチックは、別名「合芸樹脂」とも呼ばれており、高分子化合物からなる物質です。プラスチックの特徴はその軽さと形状が自由な所です。そのプラスチックも大きく分けて「熱可塑性樹脂」と「熱硬化性樹脂」の2つになります。「熱可塑性樹脂」はそこからさらに、「凡庸プラスチック」と「エンジニアリングプラスチック」に分けられます。材料を選定する際のポイントは機能や耐久性など必要な要素が揃っている物を選ぶ事です。そして材料から製品になるまでの加工から形成そして組み立てにかっかる人件費などの費用の計算を行い全体のコストを把握する事が重要です。プラスチックを加工する方法は様々です。射出形成や押出形成そして真空形成の3つが主な加工の方法になります。それぞれの加工方法には特徴があり、メリットやデメリットがあります。射出形成は現在普及している最も一般的な加工方法として利用される事が多いです。メリットは複雑な形状や立体な物に対しても対応する事ができます。押出形成は金口の形状を工夫し、様々な断面を形成する事ができる事が特徴です。真空形成はこの3つの加工方法の中で一番コストパフォーマンスに優れており、柔らかい曲面の形状を作成する事ができます。この様にプラスチックの加工方法にも様々な種類があります。作成する際に完成品をどの様な形に仕上げるか等で加工方法は変化します。目的の形状に仕上げる為に適切な方法を使用する事が重要です。

Copyright© 2018 プラスチックを加工して有効活用しよう【加工方法は実にいろいろ】 All Rights Reserved.