プラスチックの女王

アクリル板

優れた加工性

アクリル板は、プラスチック樹脂の中でも最も耐久性に優れ、高い透明度を保っている素材です。ガラスにも劣らない透過度、透明性、優れた対候性のため、プラスチックの女王と呼ばれています。衝撃に対してはガラスよりも強く、加工がしやすいため、ホビー用品から建築材料、車体の部品など、様々な分野に利用されています。アクリル板の加工性の高さは、穴あけ、切断、曲げなどの自由度が高いことで知られています。また、アクリル板は、素材自体に着色することが可能であるため、デコレーションの材料としても最適です。そして、アクリル板の強みと言えるところは、その価格の安さにあります。そのため、アクリル板の加工は、多くの工具店で扱っています。大判のカットや切断、特注加工など、様々な受注が行われています。ディスプレイなどの用品を注文する場合なども、アクリル樹脂を指定されることが殆どだと言います。ネットで調べれば、加工を請け負っている業者を手早く探すことができます。手軽に注文できるアクリル板加工ですが、注文する場合は注意も必要です。実は、アクリル板の厚さやサイズは、相当幅広い種類が出回っているのですが、加工店によっては扱い品が限られている場合があるのです。従って、使用目的に適した品よりも、高価な単価、高価な加工費を徴収される場合があるのです。加工店を指定する場合は、自分の使用目的に即した材料を扱っている店を探すことが大事です。

Copyright© 2018 プラスチックを加工して有効活用しよう【加工方法は実にいろいろ】 All Rights Reserved.