鋳物を使う

アルミ

アルミでも行える

鋳物とは型に溶けた金属を入れることで形を作るものです。鍛造とは異なり一体して形を作ることができるメリットがあります。鋳物の製造方法としては鋳造とダイカストがあり、鋳造では溶けた金属を自然の重力によって流し込むのに対してダイカストでは圧力をかけて注入します。ダイカストのメリットは高い品質の鋳物を大量に作ることが可能ですが、量産性がなければ一品あたりの単価が高額になりがちです。一方で鋳造のうち砂型鋳物であれば一品からでも安価に作ることができます。鋳物に使われる金属はさまざまですが、アルミを使ったアルミ鋳物があります。アルミ鋳物といっても、実際にはアルミ合金が使われます。アルミ鋳造のメリットは軽く比強度の強さ、加工性の良さなどがあり、また表面処理や低温時のおける脆弱性がない、電気伝導性および熱伝導性が良いといった利点もあります。非磁性ですので磁性化することもありません。アルミ鋳物に対応している業者は多くあり選択肢も豊富ですが、アルミ鋳物の業者の選び方としては品質管理が大事です。これは鋳物全般に言えることで、工程としては型を作り、そこに溶かした金属を流し込むといった一連の作業が必要です。さらに出来上がった鋳物の検品も重要で、問題がないか品質を検査できる設備があるところの方が安心して依頼できます。また量産性を考えた場合には、金属による金型を作ることになりますが金属金型の製作にも確かな技術が必要になります。

Copyright© 2018 プラスチックを加工して有効活用しよう【加工方法は実にいろいろ】 All Rights Reserved.