加工のための技術

ボルト

内部を研磨できる加工

ホーニングは、内部に空洞がある製品などの研磨をするための技術です。製品の内部を正確に研磨することができるように、特殊な機械を使用してホーニングを行います。製品を内側から加工できるように、工具には柱状の部品がついていて、この部分を製品の内部に入れて研磨します。実際に製品の研磨をするのは、柱の外側につけられている突起状の物体です。この物体のことをホーンと呼んでいて、外部から圧力を加えることで、加工物の内側をしっかりと研磨することができます。ホーンが加工物の内部と触れ合っている面積は常に一定の状態が保たれているので、正確に内部を研磨できることがホーニング加工のメリットです。また内部の細かい場所までしっかりと加工できるように、ホーニングに使用される機械は細かな動作ができることも特徴です。左右に往復して使用することができるだけでなく、加工物の内部で回転運動をして研磨をすることもできます。こうした方法で製品を加工している事業者として代表的なのが精密機械も部品などを工場で製造している事業者です。ホーニング加工は簡単な方法で正確な研磨ができることから、多くの製品を大量に製造している工場などで使用するのに、特に向いています。ホーニング加工にはいくつかの種類がありますが、その中でも特に時間をかけずに作業を完了できるのがワンパス加工と呼ばれるものです。一回の往復だけで研磨を完了できるので、製造時間の短縮にも利用できます。

Copyright© 2018 プラスチックを加工して有効活用しよう【加工方法は実にいろいろ】 All Rights Reserved.